老人ホーム・有料老人ホーム・通所・訪問介護検索トップ介護マガジン> 在宅介護のプロ“よっし~”が直伝 ラクラク在宅介護術 入浴介助/洗体中の状態観察・浴後のバイタルチェック(血圧・体温測定)

  • 2012年9月19日

在宅介護のプロ“よっし~”が直伝 ラクラク在宅介護術 入浴介助/洗体中の状態観察・浴後のバイタルチェック(血圧・体温測定)

入浴介助/洗体中の状態観察・浴後のバイタルチェック(血圧・体温測定)

~洗体中の状態観察・浴後のバイタルチェックは重要~

「入浴介助」第5週目は、“入浴中や浴後のバイタルチェック”について。入浴介助では、バイタルチェックも欠かせないことの一つです。
取材協力・明正会グループ http://www.meisei-g.com/
<取材・文/橋本範子>

入浴前、入浴中は介護される方の意見を尊重

入浴は、バイタルチェックをする良い機会といえ、入浴介助は最適のタイミングになります。入浴前、入浴時の確認項目に目を通しておきましょう。とはいえ、本人のプライドやプライバシーに配慮しなくてはいけません。

 

【入浴前】
(1)食事直後(消化能力の低下)、空腹持(脳貧血になりやすい)ではないか
(2)排泄は済ませたか
(3)発熱や血圧の上昇、下降はないか
【入浴時】
(1)湿疹・床ずれなど全身に皮膚異常はないか

 

介護される方の身体を確認するのは、本人のプライバシーも考えた上で、洗体中に行うのがベストです。また、洗髪の際には頭皮のスキントラブルをチェックしましょう。耳の下の襟足など、かゆくなりやすい部分に気を配って観察してみてください。

 

 

入浴後の体調変化も見逃さないように

入浴が終了して安心というわけではありません。入浴後の確認項目も記載しておきます。

 

【入浴後】
(1)顔色や一通りの身体状態に異常がないか
(2)水分補給は行ったか

 

のぼせや血圧が低くなることで、気分が悪くなる方も。入浴介助は、本人の意思や体調を確認しながら進めていきましょう。

 

 

 

プロフィール

よっし~

介護福祉士、ガイドヘルパー(全身性・視覚)。東京都葛飾区にある「ケアサービス新小岩」にて所長を務める。

明正会グループ

 

 

 

老人ホーム・施設・物件選びのお悩み等、ご相談ください!